お知らせ ビープラウド、機械学習・データ分析の問題をオンライン学習サービスPyQにて提供開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

7月

27

UX Fukuoka 読書会 49回目

主催 : UX FUKUOKA

ハッシュタグ :#uxfukuoka
募集内容

ハングアウト参加

無料

参加者数
0

会場参加

無料

参加者数
3

イベントの説明

概要

テーマは「調査」です。気になっている本をそれぞれ選んできて読みましょう!(同テーマで連続5回を予定→今回は1回目です!)

これまでUX Fukuokaの読書会では参加者全員同じ本を読んでいましたが、いまは試験的に、テーマだけ指定して参加者各々がそのテーマに沿った本を選び、持ち寄って読む方法でやってみています。

・なぜ「調査」なのか?

主催者の石原が、先日パターンランゲージのワークショップに行ってきたばかりで、もっと勉強したい熱が高いからです!パターンランゲージってなんですか状態でも、そもそも調査ってなに?っていう状態でも、知りたいことがあるならどなたでもどんな知識レベルでもご参加OKです!わたしもその状態です!

・どんな本を選べばいいのか?

UXそのものではなくても考え方の参考になりそうな本があればそれでもいいですし、これまでに読んだUXやHCD、インタラクションデザインやサービスデザインの本で関連していそうな章を読む、などでもいいです。

参加のしかた

共通

UX FukuokaのSlack参加が必要となります。まだ参加されていない方は、参加者アンケートにメールアドレスを記入してください。招待を送らせて頂きます!

用意するもの

  • 指定テーマの本(電子書籍でも紙の本でも可)
  • パソコン(お互いの感想、気づきをGoogleドキュメント上にリアルタイム共有+オンライン参加の方はハングアウト接続)

ハングアウト参加の方へ

当日の開始時刻5分前になりましたら、ハングアウトのURLをSlackにて通知します。そこからオンラインでご参加ください。

会場参加の方へ

場所調整中(天神近郊予定) ※オンライン参加の方は、Google ハングアウトで繋ぎます。 * 情報やハングアウトのURLは、UX Fukuokaのslackチャンネルで共有されます。

進めかた

8分間読書会形式をベースにしています。

http://www.aokiworks.net/diary131120.html

曜日や時間帯

毎月第二・第四木曜日20:00-21:30くらい

資料 資料をもっと見る/編集する

資料が投稿されると、最新の3件が表示されます。

フィード

aguri_ishihara

aguri_ishihara さんが UX Fukuoka 読書会 49回目 を公開しました。

2017/07/14 20:48

UX Fukuoka 読書会 49回目 を公開しました!

グループ

UX Fukuoka

イベント数 104回

メンバー数 148人

終了

2017/07/27(木)

20:00
21:30

開催日時が重複しているイベントに申し込んでいる場合、このイベントには申し込むことができません

募集期間
2017/07/14(金) 20:48 〜
2017/07/27(木) 21:30

会場

(場所未定)

参加者(3人)

aguri_ishihara

aguri_ishihara

UX Fukuoka 読書会 49回目に参加を申し込みました!

nobynoby

nobynoby

UX Fukuoka 読書会 49回目 に参加を申し込みました!

keropiyo3

keropiyo3

UX Fukuoka 読書会 49回目 に参加を申し込みました!

参加者一覧(3人)

キャンセルした人(1人)